HOME > ストーカー対策

ストーカー対策

初めてご相談、ご依頼される方へ近年、ストーカーによる痛ましい凶悪事件は増加の一途をたどっています。 また、現実的に接点の無い相手からのストーキング行為「ネットストーカー」の被害も急増しています。

完全な犯罪行為であっても証拠がなければ警察は動けません。証拠収集から加害者の特定、対策まで悪質なストーカーから貴方を守ります。

ストーカーとは

ストーカーとは ストーカー(stalker)とは、特定の他者に対して執拗につきまとう行為を行なう人間のことを言います。 その行為はストーカー行為あるいはストーキングと呼ばれ、典型的には特定の人間に対し好意または怨恨を抱いて つきまとい等の行為を繰り返す者のことです。

具体的には

  • つきまとい等(待ち伏せや自宅・勤務先に押し掛ける)。
  • 行動を監視している事を相手に告げる。
  • 面会、交際などを執拗に要求する。
  • 罵声を浴びせるなどの粗野な振る舞い。
  • 無言電話や拒否を無視したしつこい電話。
  • 汚物など不快感・嫌悪感を抱くものを送付する。
  • 名誉を傷つけることを告げる。
  • 性的羞恥心を害することを告げる(文書・図画を送付する)。

等の行為を、特定の者又はその配偶者等に行う者の事です。

ストーカー規制法とは

『平成12年5月18日、第147回通常国会において
「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」として成立し
11月24日から施行された法律です。
この法律はストーカー行為等を処罰するなど必要な規制と、被害者に対する援助等を
定めており被害者をストーカー行為の被害から守るためのものです。』

被害者の申出に応じて、「つきまとい等」を繰り返している相手方に警察署長等から
「ストーカー行為をやめなさい」と警告することができます。
さらに、警告に従わないで相手方がつきまとい等をした場合は、東京都公安委員会が
「その行為はやめなさい」と禁止命令を行うことができます。
禁止命令に違反して「ストーカー行為」をすると、1年以下の懲役又は100万円以下の
罰金が科されます。
また、被害者が「ストーカー行為」の被害にあっている場合は、警告の申し出以外に
あなたが相手を告訴して処罰を求めることができます
(告訴しなければ検挙することはできません)。
この罰則は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
これらの他にも警察は、被害者からの申出により、ストーカー被害を防止するための教示や
防犯ブザーの貸出しも行っています。
しかし、ストーカー行為の証拠が無かったり、相手がわからない場合
警察は具体的に動き様がありません。
その証拠集めや人物の特定をガルエージェンシーがお手伝い致します。

お問い合わせ・ご相談

関東ブロック会員検索マップ

※ご覧になりたい「都道府県名」をクリックしてください! 関東ブロック地図 長野県 群馬県 栃木県 埼玉県 千葉県 神奈川県 山梨県 茨城県


ストーカー 東京 ストーカー 神奈川 ストーカー 千葉 ストーカー 栃木 ストーカー 茨城 ストーカー 埼玉 ストーカー 群馬 ストーカー 長野 ストーカー 山梨